ブランド一覧|クレジットカード比較&おすすめ総合サイト|クレジットカードデイズ

【ブランド一覧】
クレジットカード比較&おすすめ総合サイト|クレジットカードデイズ

メニューバー
  1.  > 

・クレジットカードのブランドとは

現在発行されている各会社で発行されているクレジットカードには、ほぼ全て5つの国際ブランドのいずれか1つと提携を結んでおり、クレジットカード申込み手続きの際、どの国際ブランドにするかを選択する必要があります。
ブランドは、クレジットカードが使えるかどうかに関係してきます。
ここでは、全世界で主要な国際ブランドである、VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners Clubについてそれぞれご紹介します。

brand_visa
世界シェアNo1ブランド「VISA」

VISAは、世界シェア率がNo1と言われている国際ブランドです。
日本国内でクレジットカードが使えるお店であれば、ほぼ間違いなく支払いが可能です。
日本国内だけでなく、世界各国でのシェア率が高いので海外でもVisaのクレジットカードであればほぼ支払いが可能だと言えます。
ですので、VISAであればほぼクレジットカード支払いができないなんてことにはならないのがVISAの特徴です。

brand_visa
MasterCard「プライスレス」

MasterCardは、VISAと同じようにシェア率が高く日本国内と海外で幅広く利用可能なクレジットカードのブランドです。
日本で使う分にはVISA・MasterCardどちらでも変わりませんので正直VISAと大差はありませんが、海外においては地域により加盟店の差があります。 逆にMasterCardしか使えないお店もありますので、VISA・MasterCardで悩まれた場合は、デザインロゴで決めてしまって問題ありません。

brand_visa
日本発の国際ブランドJCB

日本初の国際ブランドJCBは、日本の国際ブランドだけあって、日本国内ではほぼ問題なく使えます。日本のシェアはNo1です。 ですが、それでもVISAやMasterCardの方が有利でありJCBが使えない時がたまにあります。
海外では加盟店が少なく使えないお店が多々あります。特にヨーロッパでは加盟店が少ないのが現状です。
日本人の旅行者が多いハワイや韓国では、かなりの店舗で利用できるようになっております。
JCBの強さは、世界主要都市に広がるJCB会員専用の海外サービスラウンジであるJCBプラザを利用可能です。 現地でのホテル・レストラン・オプショナルツアー・各種チケット・航空券の予約等のサービスを日本語でご案内してくれます。更にJCB専用のアプリがあり海外旅行では強い味方となってくれます。

brand_visa
ブラックカードで有名なアメリカン・エクスプレス

ブラックカードでも有名なアメリカン・エクスプレス・カード。世界的に使える場所はVISAやMasterCardよりは 少ないが日本ではJCBカードと提携しているため、日本で使えるお店は意外にも多い。アメリカやカナダといった北米や日本を中心にカードを使う方であれば、不便さを感じることはないです。
アメックスは、加盟店の多さよりも、T&E(トラベル&エンターテインメント)カードとして顧客が満足できるサービスを重視しているのでステータス的な役割を担っているクレジットカードといえます。

brand_visa
日本で最初のクレジットカード「ダイナースクラブ」

ダイナースクラブカードは、富裕層向のステータスカード。誰でも持てるわけではなく、27歳以上で一定の年収がないと作れないクレジットカード ブランドです。
最近では加盟店が増加しているので日本国内や海外での使用は不自由しないが、やはりVISAやMasterCardよりも劣ってしまいます。 その分、利用可能限度額が無制限であったり海外・国内旅行保険額が充実しており、その他さまざまなサービスが付帯されているのがダイナースの魅力となっています。