セブンカード|クレジットカード比較&おすすめ総合サイト|クレジットカードデイズ

【セブンカード】
クレジットカード比較&おすすめ総合サイト|クレジットカードデイズ

メニューバー
  1.  > 
  2.  >
  3. 【セブンカード】

セブンカード

セブンカード

セブンカード

セブンイレブンが発行しているクレジットカード「セブンカード」についてまとめました。
セブンカードの申込みを考えている方はじっくり読んで色々なクレジットカードと比較してください。

■セブンカードのメリット①:年会費が実質無料になる(条件付き)■
セブンカードプラスの年会費は、初年度無料ですが、次年度から500円(税込)が掛かってきます。
他の大手コンビニ系クレジットカードは年会費が無料です。

ファミマTカードの詳細はこちら

JMBローソンPontaカードVisaの詳細はこちら

しかし、年間5万円以上利用をすれば翌年度年会費無料となるんです。
年間5万以上であればセブンカードを申込みする方は確実に利用できる金額かと思います。
約4900円/月使えばいいだけですもんね。
そのため、セブンカードは、実質年会費無料のクレジットカードと考えていただいていいかと思います。
正直年間5万円使わないなという方は、ファミマTカードJMBローソンPontaカードVisaを申し込んだ方がいいかと思います。

■セブンカードのメリット②:毎月8・18・28日はイトーヨーカドーで5%OFF
セブンカードは、セブンイレブン系列のイトーヨーカドーでも使うことが出来ます。
そのため、毎月8の付く日(8・18・28日)は、イトーヨーカドーで5%OFFになる割り引きのメリットもあります。
主婦の方は、コンビニによりも価格が安いイトーヨーカドーで買い物される方も多いかと思いますのでおすすめです。
毎月8の付く日(8・18・28日)に買い溜めすれば、お得感が満載です。

■セブンカードのメリット③:セブンカードのタイプを2種類から選べる
セブンカードには、2種類のカード(nanaco一体型、nanaco紐付型)があります。
既にnanacoを持っている方で引き続きそれを使いたいのであれば紐付型にすればいいのですが、財布がかさばることになるので、いっそのことnanaco一体型に変えてしまった方が後々は楽になるかと思います。

■セブンカードのメリット④:セブンカードの還元率の高さ
セブンカードは、還元率が高いのです。下記を参考にしてください。
・セブンイレブン、デニーズ、イトーヨーカドー、ヨークマート、オッシュマンズでの利用
200円(税込)毎に3ポイント(還元率1.5%)

・西武・そごう、アリオ専門店、セブンネットショッピングでの利用
200円(税込)毎に2ポイント(還元率1.0%)

・上記以外での通常利用
200円(税込)毎に1ポイント(還元率0.5%)

■セブンカードのメリット⑤:ボーナス対象商品を買うと、ボーナスポイントが貰える
ボーナス対象の商品というのがありまして、そちらを購入するとボーナスポイントがつきます。
この商品を狙って買い物すれば、通常よりもたくさんポイントを貯めることができますね。
賢い買い物だと思います。
セブンイレブンのボーナス対象商品は、毎回変わるので店頭やHPで確認してください。

■セブンカードのメリット⑥:1ヶ月分の利用金額合計額に対してポイントが付与される
クレジットカードを利用するメリットで、ポイントが貯まることかと思いますが、一回の買い物で1000円未満はポイントが貯まらないというクレジットカードも存在しています。
しかし、セブンカードは、1ヶ月分の利用金額合計額に対してポイントが付与されるので、切り捨てがありません。
そのため少額の買い物ででも月の合計金額に対してのポイント付与で無駄なくポイントが貯めることができます。
私はあるクレジットカードを利用していて少額の買い物でもクレジットカードを利用していましたが、そのクレジットカードは切り捨てになるため、ポイントが全くつかなかったです。あれは非常に勿体なかったですね・・・。

■セブンカードのメリット⑦:年間利用額によってnanacoポイントが貰える
セブンカードは、イトーヨーカドー・ヨークマートの1年間(4/1~3/31)の利用金額によりボーナスとしてnanacoポイントが貰えます。

・年間100万円(税抜)以上
3,000ポイント

・年間101万円~150万円(税抜)以上
10,000ポイント

・150万円以上から100万円(税抜)毎に付与
10,000ポイント

このボーナスというサービスはおもしろいですね。頑張ってセブンカードをたくさん利用したくなります。

■セブンカードのメリット⑨:naancoにチャージして、nanacoで支払がお得
セブンカードでnanacoにチャージすれば、200円毎に1ポイントがたまります。

そのチャージしたnanacoで支払いをすると還元率が1.5%になります。
普通にセブンカードで支払するよりも還元率が高くなるので、この方法で買い物をすることをおすすめします。

セブンカードで公共料金等の支払いをしてもポイントとが付きませんが、nanacoで支払えばポイントが付きます。
セブンカードでnanacoにチャージして、nanacoで、固定資産税・自動車税・住民税等の税金、国民年金・国民健康保険、電気・水道・ガスなどの公共料金の支払いをしてポイントを貯めることができます。

■セブンカードのメリット⑩:ブランドが2種類から選べる
セブンカードには、JCB、VISAの2種類がありますが、他大手コンビニ系クレジットカードであるファミマTカード(JCB)、ローソンpontaカード(VISA)と一つに限定されています。セブンカードは、選択できるのでお好きな方を選んでください。

セブンカードは賢く使えば本当におすすめのクレジットカードです。
しかし、ぱっと調べただけでは、お得感がわかりづらい方もおおいので上記のメリットをしっかり頭に叩き込んでください。
メリットが分かれば他のクレジットカードより優れている点がわかると思いますので是非申し込んでたくさん利用してください。

ファミマTカードの詳細はこちら

JMBローソンPontaカードVisaの詳細はこちら

・今月のおすすめ クレジットカード

三井住友VISAカード
【おすすめ】
今なら最大6,000円分プレゼント
限定キャンペーン中

三井住友VISAカード
JAL・CLUB-A ゴールド
【おすすめ】
JALマイルならこのカード!
JAL・CLUB-A ゴールド
ANA VISA カード一般
【期間限定】
最大43,000マイル相当
プレゼント!

ANA VISA カード一般

クレジットカード 評判/レビュー/クチコミ