ハイステータスカード比較|クレジットカード比較&おすすめ総合サイト|クレジットカードデイズ

【ハイステータスカード比較】
クレジットカード比較&おすすめ総合サイト|クレジットカードデイズ

メニューバー
  1.  > 
  2.  >
  3. 【ハイステータスカード比較】

ハイステータスカード比較

■ハイステータス クレジットカードとは?

年会費無料ではなく、年会費が約2万円以上するクレジットカードは、ハイステータスカードと呼ばれています。
ですが、年会費が高いだけでなく年会費以上のサービスや付帯保険、そして一定以上の審査があるクレジットカードが対象となります。
ハイステータス クレジットカードと呼ばれるクレジットカードには必ず下記のようなサービスが自動付帯しています。
・国内、国外旅行保険自動付帯(保証5,000万円以上)
・空港ラウンジ無料(プライオリティーパス含む)
・空港から自宅への荷物配送無料
・取得ポイント無期限で利用可能
・数者航空会社へポイントからマイルへ変換可能
・提携レストラン優遇サービス(2名以上で1名無料など)
・ゴルフ保険
・24時間無料電話サポート有り
・ショッピング保険500万円以上
など

■ハイステータス クレジットカードを持つ理由!

ハイステータス クレジットカードは誰もが持てるわけではありません。各クレジットカード会社で独自の条件と審査があります。
その条件をクリアしないと絶対に持つことはできない仕組みになっております。
条件をクリアしてハイステータス クレジットカード持っている方には必ず理由があります。
・信憑性や信用
・利用限度が高い
・ステータスを感じるなどの見栄
・サポートの充実性
・加入特典
などがあげられます。
年会費無料のクレジットカードに比べて年会費は高いですが、それ以上のサービスが自動付帯しているので、ハイステータスカードを持つ理由でもあります。

■各ハイステータス クレジットカードの違い!
近年では、どのハイステータス クレジットカードも同じような無料サービスになってきており、どのクレジットカードが良いのか選ぶのが難しいと思います。
そこで注目するのが貯まったポイントをマイルへ移行できる航空会社数です。
JALやANAは、もちろんですが海外航空会社へマイル移行できるのが大きな比較のポイントとなります。
日本国内への旅行は、JALかANAが1番良いのですが海外旅行へは海外の航空会社へマイル移行することの方が良い場合があります。
それは、無料特典航空券でサーチャージが不必要な航空会社が多数あり、本当に無料で飛行機に乗れのでおすすめです。
JAL、ANAは無料特典航空券でも必ずサーチャージが掛かるのでヨーロッパに行く際は、サーチャージが5万円以上掛かるときもあり、それに各航空会社で必要なマイル数の違いもあります。JALだと30,000マイルですが、デルタだと18,000マイルなど行く場所によって必要なマイル数も大きく違うので、貯まったポイントをマイルへ移行する際に最低でも数社の航空会社があることで損をしないことができます。

■ハイステータス クレジットカード比較

1位,ダイナースクラブカード
主要航空会社6社へのマイレージへ移行可能。

2位,アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ANAのマイレージへ移行可能。

3位,スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
31社の航空会社のマイレージへ移行可能。
年会費を払い継続するとSPGグループホテルの無料宿泊特典がもらえる

4位,MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
JALを含む4社の航空会社へマイレージ移行可能。

5位,JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ
JALユーザーなら最強のクレジットカード

・今月のおすすめ クレジットカード

三井住友VISAカード
【おすすめ】
今なら最大6,000円分プレゼント
限定キャンペーン中

三井住友VISAカード
JAL・CLUB-A ゴールド
【おすすめ】
JALマイルならこのカード!
JAL・CLUB-A ゴールド
ANA VISA カード一般
【期間限定】
最大43,000マイル相当
プレゼント!

ANA VISA カード一般

クレジットカード 評判/レビュー/クチコミ